カラーリングと薄毛対策によるアンチエイジングについて

薄毛と白髪は老化を目立たせる

個人差はありますが、年齢を重ねるとともに薄毛や白髪が目立ち始めるのは防ぐことができないことです。
薄毛が目立ち始めた場合の対処法としては、育毛剤がありますが、白髪の場合は対処法はありません。
あくまで白髪染めやカラーリングなどで染め直すしかないのです。
根本的な解決法はありませんが、白髪を染めることにより目立たなくさせることはできます。
薄毛と白髪は老けて見えさせる2大原因なので、年輩の方のアンチエイジングには非常に有効な手段です。

若い頃から対策を始めましょう

いまは20代の若い人でも薄毛対策に気を使っています。
同じように白髪も若いときから染めることで、染めることへの抵抗感を少なくしています。
若い人が髪の毛を染めるのと同じ感覚で白髪に当たれば良いのです。
市販されている白髪染めにはいくつかの種類があり、育毛剤と同じように薬剤師さんに聞いて、自分に一番合いそうなものを選ぶといいです。
以下では特徴ごとに白髪染め比較を行っていきたいと思います。

各白髪染めの効果と特徴

色を抜いて染めるヘアカラートリートメント

まずもっとも一般的なものとしてヘアカラーリング剤があります。
酸化染料を過酸化水素水と混合させることにより発色させて染めます。脱色させてから染め上げるために染めた部分は永久的に色をそのままにしておくことができます。
泡や液状、クリーム、ジェルなどさまざまなタイプがあり、使いやすくなっています。

色を染めるだけのヘアマニキュアタイプ

次にトリートメントタイプのヘアマニキュアといわれるものがあります。
ヘアカラーリング剤と違い脱色させずに髪の毛の表面を染め上げていきます。
クリームや泡などさまざまなタイプがあります。
表面を染め上げるだけですので永久的な効果とまではいきませんが、毛髪や頭皮へのダメージを最小限にすることができます。
育毛剤との併用で一番安全なのはこのタイプ。
毛髪をできるだけ傷めたくないと思う方もこのタイプがいいです。

シャンプーで少しずつ染めていくタイプ

毎日少しずつ染めていくものとして、シャンプータイプのものがあります。
天然成分を用いたものが多くありさまざまな種類があります。
即効性は期待することはできませんが、徐々に染め上げていくので染めたことが分かりにくく、伸びてきた白髪にも対応することができます。
ただし薄毛の方はできるだけ育毛シャンプーをおすすめしたいので、あまり推奨はできません。

一時的に染めるタイプ

最後に一時的に染めるものがあります。
髪の毛をセットするときなどに髪の毛の表面を染めていくもので、スプレータイプやスティックタイプなどがあります。
カラーリングやマニキュアなどで染め上げて、伸びてきた髪の毛に対応するために使うといいです。